9月の残暑期の注意点|京都市上京区・北区で人気の整骨院をお探しなら池田鍼灸接骨院へご来院ください。

  • 0752220200
  • 地下鉄烏丸線鞍馬口より徒歩3分
  • 診療時間

    9:00-13:00/17:00-20:00

  • 休診日

    火曜午後・木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

ブログ

9月の残暑期の注意点

今年も猛暑の夏が終わり、暦では9月の半ばになてはいるものの、まだ日中は暑い日が続いています。

夏のイメージの8月に比べると9月は夏が終わった感じがしそうですが、気温はまだまだ暑い日が多いので、まだ夏が終わった感は薄いですね。

気象用語的には、35℃を越えると「猛暑日」、30℃を超えると「真夏日」、25℃を越えると「夏日」とそれぞれ言いますが、9月半ばの今の時期でも

日中の最高気温が30℃に届く日があるので、真夏に警戒モードであった熱中症に対してもまだ油断ならない時期とも言えます。

逆に、朝晩の気温は下がって来るので、日中との寒暖差に気を付けないと体調を崩す原因となってしまいます。

暑い夏をここまで経験して来ていると、室内はまだ何となくエアコンをつけてしまっている事がありますが、時々窓を開けて外の空気を感じてみて、エアコンの要不要を判断して、

不要の環境下では時期的にカラっとした自然の心地良い風を入れるか、扇風機で室内に風を循環させるといった対応もしてみると意外とそれで良かったりします。

猛暑を乗り切るには人工的に良い環境をつくるエアコンも大事ですが、これからしばらくの時期は自然の風と空気感で過ごせる日が増えるので、是非お試しを…。

また、暑い時期は何かと冷たいものも飲食していましたが、冷たいものが多いと胃腸が委縮して胃腸の活動が弱っていたり、猛暑環境に対して様々対処して来た身体の対応で

慢性的な気づきにくい身体の疲労の蓄積もあり、それがこの時期影響を出して来る事もあります。

幸い、暑さがましになるこの時期ともなると、夏に弱った胃腸が回復傾向となり食欲が増す事で体内に様々栄養が入りやすくなり、就寝時も寝苦しさやエアコンによる冷えも

無くなるのでしっかり熟睡出来て身体の疲労も抜けやすくなります。このように、温度環境が変わると身体の中の環境も変化して行きます。

秋になる前の季節の変わり目のこの時期、身体はまだ大きな変化は感じにくいですが変化して行きます。そして本格的な秋のシーズンに向けてはまた変化が進みます。

気温の変化に対しては上記のような屋内環境の対応に加えて、衣服の調節も並行してこまめに対応して行きましょう。

まだ暑い日もありますが、真夏と同じ格好では日中では良くても日暮れと共に気温が下がって来るとジワジワと冷えが体に影響を与えたりしますので、一日の行動のスケジュールで

衣服の調整が効くスタイルにして行く事も必要ですね。

これらのように、今のこの季節の変わり目の時期の対応は少々判断が難しい面もありますが、自分の体調や感覚としっかり相談して意識してこまめに対処して行けるのが理想です。

健康三原則とも言われる、「食事」「運動」「睡眠」のバランスを保ちやすくなるのがこの先の秋の時期ですから、その前段階である今の時期から様々準備して行きましょう。

 

ページトップへ戻る