積雪路(凍結路)にご注意を!|京都市上京区・北区で人気の整骨院をお探しなら池田鍼灸接骨院へご来院ください。

  • 0752220200
  • 地下鉄烏丸線鞍馬口より徒歩3分
  • 診療時間

    9:00-13:00/17:00-20:00

  • 休診日

    火曜午後・木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

ブログ

積雪路(凍結路)にご注意を!

1月も半ばを迎え、これからしばらく寒さの底の時期を迎えます。

寒さだけ見れば昨年12月から寒い日が続いていますが、寒さの底の時期ともなって来ると降雪・積雪の日が増えて来ます。

そうなると、普段あまり降らない・積もらない地域の方々には非常にリスクの高い環境となってしまいます。

車の場合は冬用タイヤ「スタッドレスタイヤ」や「チェーン」を装備しますが、人間は普段の靴のままが多いと思います。

そうなると普段の道を歩くより俄然滑り易く、転倒のリスクも高まります。転倒を免れたとしても身構えた時に不意に力が入って

筋肉にダメージを受ける事もあります。車は4輪で比較的安定していますが人間は2本足なので不安定な状況なので滑りやすいので、

それを意識した歩き方をしないと痛い目にあいますね。

雪国の方々の歩き方は、靴底全体で路面を捉えるようにして踵一点に荷重がかからないようにされています。

環境による長年の習慣によって体得されているので現地の方々は滑って転倒される率は低いと思われますが、慣れていない側ははやり対処が

なかなか難しいとは思いますが意識転換だけはしっかりして行かなければですね。

先日、子供の野球活動でいつも利用している滋賀県の運動公園に京都から出向くと、京都市内は路面にはほぼ積雪していなかったのに、

現地道路は積雪があり、なかなかそういった路面状況を走らないので冬用タイヤにしていなかったので恐る恐る走りました。

幸い、自車は四輪駆動仕様なので多少は大丈夫ながら、やはり過信は禁物、まして冬用タイヤではないので慎重に…。

慣れない状況ではやはり様々意識して慎重に臨めば大怪我せずに済みますが、はやりなるべく「装備・準備」をしっかりしておく事は

大事ですね。

まだまだこれから普段あまり降らない・積雪しない環境下でも積雪リスクは続きます何をおいても

「予測」して「心と体、装備の準備」心がけましょう。

ページトップへ戻る